備忘録(病気)

私は2018年に子宮頸部高度異形成(上皮内癌)が見つかりました。
癌家系ですので、今後もしかしたら多部位でも発症する可能性もあるのではとも思っています。
同じ病気になった方(並びに家族へ遺す)に少しでも役に立てればと思い経過を綴っていこうと思います。
私が今出来ることとして、診断から現在までを時系列で書き出す事にしました。



2017年12月6日
扶養用の健康診断を受ける(高崎中央病院)
婦人科検診は提携医の斎川産婦人科医院

2017年12月19日
受信した高崎中央病院より電話があり、健康診断の結果を郵送で受け取る前に婦人科で二次検査を至急受けてくださいとのこと。

2017年12月20日
健康診断の結果が郵送で届く。子宮細胞診判定で子宮癌の疑いがあるとの所見。

2017年12月21日
健康診断を受けた産婦人科を受診する。今後のことを考え近い病院で精密検査や診察を受けたいと申し出て、徒歩5分の群馬中央病院へ予約と紹介状を書いてもらう。

2017年12月22日
群馬中央病院にて初診を受ける。
子宮細胞診を再度受ける。

2018年1月5日
子宮細胞診の結果【中度異形成(CIN2)】判定

2018年1月24日
HPV検査を受ける

2018年2月14日
HPV検査の結果【52型】判定
このまま温存し通院をし続けるか、早産流産のリスクが高くなるが切除手術して、悪化する不安を少しでも減らすかと判断を委ねられる。細胞診とHPV検査だけなので切除してみて確定診断できると知る。

2018年3月1日
思い悩んだ末に手術を決断し、手術予約をするために外来へ行く。

2018年4月12日
術前検査として体重、血圧、血液検査、検尿、胸部と腹部のレントゲン、腹部エコー、心電図と入院説明を受ける

2018年4月19日
麻酔科で術前説明を受ける

2018年4月26日
入院/普通食・シャワー可・21時よりクリスタルガイザーのみ飲可
娘の子守りのため東京から義母に来てもらう

2018年4月27日
手術/7時までクリスタルガイザーのみ飲可・以降21時まで絶飲食で点滴のみ・絶対安静・尿管あり・シャワー不可
娘の子守りのため東京から義父にも来てもらう
2018年4月28日
普通食・安静・尿管ぬける・シャワー不可
娘と主人の子守りのため義父母に残ってもらう
2018年4月29日
退院説明・内診/普通食・安静・シャワー可
娘と主人の子守りのため義父母に残ってもらう

2018年4月30日
内診・退院/普通食(朝のみ)・安静
義父母に帰っていただく
2018年5月3日~7日
運転をしない安静する約束の上で愛知県に帰省

2018年5月16日
術後外来にて確定診断を結果を聞く
【高度異形成(CIN3)/上皮内癌】
子宮頸癌の一歩手前に位置していると判明
3ヶ月毎の通院が必要となる

2018年5月30日
生命保険の医療保険給付金を請求するため診断書を受け取りに行く

2018年6月1日
医療保険の給付金請求書を送付する
(大同生命・オリックス生命)

2018年6月7日
給付金が振り込まれる(2社とも)

2018年6月8日
オリックス生命より給付金明細が届く
【癌扱い・支払免除特約該当】
通院請求書も同封されていました

2018年7月11日
外来予約中